Link: Global Network
Link: HITACHI
日立ハイテク
新着情報 イベント 製品情報 アプリケーション 販売チャネル 企業情報 お問い合わせ
製品情報 製品一覧
トップ製品情報 > 熱分析装置 > DSC7000X > DSC7000X 4つの特長

DSC7000X 4つの特長

(1)高感度と優れたベースラインの安定性・再現性

DSC7000Xの最大の特長である世界トップレベルの感度とベースラインは、センサーとファーナスを新たに開発することで実現しました。これまで分析が困難だった小さな現象を「みえる化」します。

【高感度】 【ベースライン再現性】
感度0.1µW。従来機比2倍アップ。 ベースライン再現性±5µW。従来機比4倍アップ。


(2)向上した温度追従性

最新のシミュレーション技術を駆使、ヒートパスに金属素材の熱伝導特性を利用することにより、電気冷却ユニット使用時の温度範囲を拡大し、冷却追従性も向上させる事ができました。

【電気冷却システム】 温度追従性
昇降温サイクル10度/min 10度/min プログラムクーリング測定 温度追従-50度以下。


【全自動ガス冷却システム(液化窒素)】 温度追従性
昇降温サイクル20度/min 10度/minプログラムクーリング測定



(3)簡便な冷却ユニット交換

温度範囲と測定目的に合わせて、電気冷却ユニットと全自動ガス冷却ユニットをお客様でも簡単に交換することができます 。

全自動ガス冷却ユニットと電気冷却ユニット



(4)優れた拡張性とオプションラインナップ

用途・目的にあわせた冷却機の選択はもちろん、PC上で流量設定とガスの切り替えができるマスフローを内臓でき、信頼性の高いルーチン測定を提供するオートサンプラは後からでも装着することが可能です。さらに、近年のニーズが高まっている光照射装置を付属することで光化学反応熱測定にも対応、試料の様子を観察しながらDSC測定できるオプションも用意しています。

冷却オプション DSC7000X+オートサンプラ ガスオプション
• 電気冷却ユニット
  (-80〜500℃)
• 全自動ガス冷却ユニット
  (-150〜725℃)
• 自動空冷ユニット
  (RT〜725℃)

• マスフロー2ch
  (F.S.200mL/min)
• マスフロー1ch(F.S.200mL/min)
• ガスコントロールユニット
  (ガス切り替え)
自動搬送オプション 光学系オプション
• オートサンプラー
( 最大50サンプル搬送)
• 光化学反応熱
• 試料観察オプション リアルビュー




BackDSC7000Xトップへ  
Transparent Spacer
Transparent Spacer
熱分析・粘弾性総合情報トップページ

個人情報保護について